薄板・微細・精密金属加工のこだま製作所「ティグ溶接(アルゴン溶接)」板金技術情報です。

技術情報

ティグ溶接(アルゴン溶接)

鉄・SUS・真鍮・銅・チタンレアメタル等、豊富な実績で対応

筐体溶接から組立加工、アルミなどの非鉄金属まで幅広く対応

ティグ溶接とはタングステン・イナート・ガス溶接の略(TIG溶接)で、電極にタングステンを使用し、シールドガスに、アルゴン(Ar)ガスや、ヘリウムガスなどの不活性ガスをシールドガスとしてトーチノズル内に流し、融点の高いタングステン電極と母材との間にアークを発生させ、そのアーク熱により不活性ガスと酸素を燃焼させ、溶接しようとする部品の一点にアークを集中させて溶接を行う工法です。高品質な溶接加工が得られあらゆる金属の溶接に適用できるのが特徴で、特に精密な溶接や、銅などの非鉄金属の溶接に適しています



ティグ(アルゴン)溶接



ティグ(アルゴン)溶接「こだま」の技術
金属製品の製作において、主に、単品製作、少量製作に溶接というキーワードが生じてくるケースが多いですが、「こだま」では製品製作における、さまざまなご要望に対し溶接工法の選択の一つに、ティグ(アルゴン)溶接でも対応しています。

ティグ溶接を選択する要素としては、
1) 溶接後、製品の美観をできるだけ損ないたくない
2) 治具を使用しての組立作業が安易に出来る
3) アルミ製品の部品の組立等が安易に出来る
4) 複雑な形状の接合が安易に出来る

試作・単品製作OK

代表的なティグ溶接(アルゴン溶接)事例紹介

半導体チップ押さえフォルダー

半導体チップ押さえフォルダー
材質
SUS304 t0.8とシャフトφ3.0と、φ5とt0.3の組み付け
製作数量
15000個(分納)

半導体チップ押さえ部品

半導体チップ押さえ部品
材質
SUS304 φ0.5とシャフト+t1.0とφ5切削品の組み付け
製作数量
3000個(分納)

検査用治具部品

検査用治具部品
材質
SUS304 パイプ、t1.5金具、
製作数量
2個