板金絞り加工

手のひらサイズの薄板絞り加工を1個から

絞り加工は、大きく分けて2種類あります。1つは板に凹凸をつける絞り加工と、もう一つは穴が空いているところ絞るバーリング加工です。絞り加工というとボウルや金属容器のような深い絞りをイメージしますが、こだま製作所では、エンボス加工やバーリング加工などの細かい絞り加工も行っています。

また、絞り加工というと、プレス加工が主流ですが、プレス加工だと最少ロット数が数千個単位になるため試作品などの小ロット製作には向きません。そこで、簡易金型で絞り成形やバーリング加工を施すことにより、加工作業を短くし、短納期、小ロット対応、トータルコストの削減が可能となります。


こだま製作所の絞り加工の特徴

  1. 少量から加工が可能
  2. 簡易金型でトータルコストを削減
  3. 納期の短縮
  4. ご希望の形状の絞り加工が可能
  5. 鋼板からアルミ、銅まで様々な材質にご対応

金型との違い

一般的なプレス加工による絞り加工

プレス加工の場合、加工効率をあげるための部分も製作するため、金型費用は上がりますが、加工費を削減することができます。そのため、加工の柔軟性が必要になる場合は、プレス金型だと毎回コストが掛かりすぎてしまいます。

矢印.jpg

少量製作に特化した絞り加工

そこで板金加工による絞り加工は、絞り加工を行う部分だけの簡易金型を製作することにより、金型費用を削減し試作品、小ロット製作品に対応出来るようしています。プレス加工に比べて、簡易的な金型で加工するため、金型費用を抑えて加工でき、加工費は上がりますがトータルコストを金型よりも抑えて加工することができます。

対応材質

アルミ ステンレス 鋼板

こだまの得意とする絞り加工

手のひらサイズ

全国〜海外までご対応領域を広めているため、サイズは手のひら〜指先サイズの物をメインに加工しております。

t0.5以下の薄板絞り

基本的にはt0.5以下の薄板をメインにOA機器部品や弱電部品などの絞り加工が入った部品や、シムリング、シムプレートへのエンボス加工など様々な用途の金属部品への絞り加工を行っております。また、銅やアルミなどの非鉄金属の絞り加工に注力しております。

特殊な絞り加工

エンボス加工やバーリング加工も行いますが、長いビード状の絞り加工や際に近い部分の絞り加工などが多い部品を多く製作しております。このような加工が出来るのだろうかと言う形状でもお気軽にお問い合わせください。重要ポイントも併せてお問い合わせ頂ければ、変更提案などもさせて頂きます。

試作・単品製作OK

代表的な板金絞り加工事例紹介

Φ70 アルミ製カップ

Φ70 アルミ製カップ
材質
A1050 t1.0
製作数量
4個

半球キャップ・球体 各サイズ1個から

半球キャップ・球体 各サイズ1個から
材質
SUS304 鏡面仕上げ
製作数量
10個

ヒーターキャップ(基盤製造装置部品)

ヒーターキャップ(基盤製造装置部品)
材質
SUS304 t0.4とt0.4パンチング材の組み付け
製作数量
30個(試作)

調剤用トレー

調剤用トレー
材質
SUS304  t3.0 外形φ650
製作数量
150個

ホルダーカバー(計り部品)

ホルダーカバー(計り部品)
材質
SUS304  t5.0 外形φ380
製作数量
150個

ホルダーカバー(計り部品)

ホルダーカバー(計り部品)
材質
SUS304 BA t0.5
製作数量
1000個

鉄のへら絞り SPC t1.0

鉄のへら絞り SPC t1.0
材質
SPC t1.0
製作数量
200個

ステンレスへら絞り SUS304MK t1.0

ステンレスへら絞り SUS304MK t1.0
材質
SUS304MK t1.0
製作数量
20個

ステンレスへら絞り SUS304 t1.0

ステンレスへら絞り SUS304 t1.0
材質
SUS304 t1.0
製作数量
50個

へら絞り加工 AL t1・0

へら絞り加工 AL t1・0
材質
AL t1・0
製作数量
100個

アルミ、プレス絞り加工 A5052 t1.0

アルミ、プレス絞り加工 A5052 t1.0
材質
A5052 t1.0
製作数量
3000個