ヒュージング加工

細径線~φ10の、先端熱カシメ端子製作・接合まで対応

ヒュージングとは

ヒュージングとは、リード線の切断部の綻び防止やモーターコイルと端子を、電気抵抗を利用して熱カシメを行う工法です。ヒュージングの利点としては、被覆線(リッツ線、マグネットワイヤ等)の絶縁被覆を、加熱しながら加圧をすることで剥がすと同時に溶着することができる、溶材を使用しない環境にやさしい工法です。

ヒュージング加工図.png
ヒュージング加工図
IMG_7919_R.JPG
ヒュージング加工サンプル



ヒュージングの目的


電子部品や、電気機器に外部的に通電を行う場合、リッツ線やマグネットワイヤを端子等に接続を行わなければなりませんが、束になっている銅線に絶縁被膜がコーティングされていますので、その絶縁被覆を溶かして接合部先端の一体化を行うと同時に、端子部分に密着を行うための平面部を形成します。そして二次的に、端子部とヒュージング部を抵抗ロウ付けして接合を行います。

抵抗ロウ付け2.png
抵抗ロウ付け加工図
IMG_03142-3_R.jpg
抵抗ロウ付けサンプル


◆抵抗ロウ付けの詳細は、こちらから
(こだまの溶接部門サイトです)


ヒュージング加工「こだま」の技術


主に、リード線の切断部の綻び防止などによく使用され、端子とのスポット溶接組付との連携など、専用機として加工を行われているケースが多いですが、「こだま」では、 機種(容量)・電気制御のバリエーションと、ヒュージングに使用する電極の社内製作により幅広い分野のヒュージング加工に対応しています。また、端子製作など薄板金属加工からの対応も行っております。

◆治工具製作技術は、こちらから
(こだまの溶接部門サイトです)

◆ヒュージングの事例情報は、こちらから
(こだまの溶接部門サイトです)


ヒュージング受託加工

<こだまの特徴>
1. ヒュージング加工の、受託加工(部品支給)
細線径~φ10の、先端熱カシメ端子製作・接合まで対応します。
2. 部品製作から、ヒュージング加工まで
3. 簡易治具電極・量産治具電極(溶接サイト)の製作
4. ヒュージング加工のテスト・試作品製作(有償)
5.ヒュージングの加工溶接条件の販売から機械販売支援も承ります。
 溶接試作・立上げ支援(溶接サイト)
6、全国対応

ヒュージングに関するご相談は、お気軽にお問合せ下さい!!

試作・単品製作OK

代表的なヒュージング加工事例紹介

マグネットワイヤのヒュージング

マグネットワイヤのヒュージング
材質
マグネットワイヤ
製作数量
600本

リッツ線のヒュージング

リッツ線のヒュージング
材質
リッツ線
製作数量
1500個

ヒュージング加工

ヒュージング加工
材質
C1020リード線、C2680プレート(スズメッキ処理)
製作数量
2000個