レーザー加工

レーザーによる形状カットを1個から

レーザー加工とは


レーザー加工とは、光源をレーザー素子にあて強力なレーザー光化を行い、レンズによって集光を行い金属に照射して、工作物の溶融金属部分をレーザと同軸で流れるアシストガスで吹き飛ばすことによって切断する方法です。レーザー切断は工作物が薄ければ薄いほど高速切断が可能で 、切断精度は板厚6mm以下の金属で±0.1mm、板厚6mm~12mmで±0.15mm、t20で±0.2~0.4程度と、これも薄いほど精度は上がります。切断限界の厚みとしては、一般的に30mm程度です。2mm以下の厚みであれば、ほとんどの金属を切断することが出来ます。また、金属以外では木材・プラスチック・ガラス・セラミックなどもレーザーで切断可能です。金、銀、ガラス(石英ガラスを除く) 、石、塩ビシートは加工不可です。

 

レーザーによる切断2thumb-250xauto-8016 (2).png


レーザー加工pic_ad03_008.jpg

 

「こだま」が、ご提供できること


1)対応板厚:t0.05〜t30、製作数1枚からの対応
2)加工範囲:微細加工~最大2m×6m
  穴加工は、基本的に板厚の1.2倍が最小径となります。
3)非鉄金属の切断
4)各種精密板金加工
5)各種工業試験
6)X線検査(直径400mmの大型ステージでの高倍率の撮影やステップ送り機能撮影が可能)
7)ミルシート、寸法検査データーの添付(ご依頼ください)
8)全国対応


お問合せ方法


図面もしくは、CADデーターを送付いただければ、お見積り可能です。

試作・単品製作OK