ティグ溶接(アルゴン溶接)

鉄・SUS・真鍮・銅・チタンレアメタル等、豊富な実績で対応

ティグ溶接とは


ティグ溶接とはタングステン・イナート・ガス溶接の略(TIG溶接)で、電極にタングステンを使用し、シールドガスに、アルゴン(Ar)ガスや、ヘリウムガスなどの不活性ガスをシールドガスとしてトーチノズル内に流し、融点の高いタングステン電極と母材との間にアークを発生させ、そのアーク熱により不活性ガスと酸素を燃焼させ、溶接しようとする部品の一点にアークを集中させて溶接を行う工法です。高品質な溶接加工が得られあらゆる金属の溶接に適用できるのが特徴で、特に精密な溶接や、銅などの非鉄金属の溶接に適しています。



ティグ溶接の構造 (2).png
ティグ溶接 (2).jpg
ティグ溶接による共付け

ティグ肉盛り溶接の構造 (1).png ティグ肉盛り溶接 (1).jpg
ティグ溶接による肉盛り溶接



ティグ溶接を選択する要素


1) 溶接後、製品の美観をできるだけ損ないたくない
2) 治具を使用しての組立作業が安易に出来る
3) アルミ製品の部品の組立等が安易に出来る
4) 複雑な形状の接合が安易に出来る


ティグ溶接.JPG


ティグ(アルゴン)溶接「こだま」の技術


金属製品の製作において、主に、単品製作、少量製作に溶接というキーワードが生じてくるケースが多いですが、「こだま」では製品製作における、さまざまなご要望に対し溶接工法の選択の一つに、ティグ(アルゴン)溶接でも対応しています。薄板溶接t0.03~の突き合わせ溶接、非鉄金属の溶接、マグネシウム合金を始め、アルミ系はジュラルミンまで対応しています。また、治工具を製作することで、ティグ溶接によるスポット溶接で、精密部品の接合にも対応しています。

ティグ溶接image3 (12).JPG ティグ溶接による、ステンレスt0.4とニップルの溶接。

ティグ溶接image3 (3).jpg ティグ溶接による、アルミ材の溶接。

ティグ溶接image3 (2).JPG ティグ溶接による、チタン材の溶接。

ティグ溶接image3 (11).JPG 冶具を使用しての、ティグ溶接。

ティグ溶接IMG_1302.JPG ティグ溶接による、φ0.3のステンレスコイルとピンの溶接。



「こだま」が、ご提供できること


1)ティグ溶接の、受託加工(部品支給)1個から(予備品は必要です)
t0.03(溶接方法の種類は変わります)~の対応
2)小径パイプ溶接
3)治具・量産治具の製作(こだま社内用)
4)部品接合の構想段階からのご相談(接合の方向付け)
5)各種部品の製作からの対応(試作・量産)
 (部品によって、製作対応不可な場合もあります)
6)試験、溶接条件販売、溶接機の選択・販売支援


筐体溶接から組立加工、アルミなどの非鉄金属まで幅広く対応

ティグ溶接による対応材質

分類 対応材質名
ステンレス系 SUS304 SUS304L SUS304 CSP SUS301 SUS316L
SUS321 SUS347
チタン系 P340(チタン2種) TP480(チタン3種)
ニッケル系 純ニッケル 78パーマロイ インバー  ハステロイC22 ハステロイ276
インコネル600 インコネル625
銅系 C1020(無酸素銅) C1100(タフピッチ銅) りん青銅 クローム銅
真鍮系 C2600 C2680 C2801
プラチナ系 PT1000 PT900
アルミ系 A1050 A1100 A2017 A5052 A6061
マグネシウム合金
試作・単品製作OK

代表的なティグ溶接(アルゴン溶接)事例紹介

半導体チップ押さえフォルダー

半導体チップ押さえフォルダー
材質
SUS304 t0.8とシャフトφ3.0と、φ5とt0.3の組み付け
製作数量
15000個(分納)

半導体チップ押さえ部品

半導体チップ押さえ部品
材質
SUS304 φ0.5とシャフト+t1.0とφ5切削品の組み付け
製作数量
3000個(分納)

検査用治具部品

検査用治具部品
材質
SUS304 CSP H t0.3と、SUS304パイプ
製作数量
2個