精密切削加工

切削加工とは、フライスや旋盤等の切削機に刃物(ツール)を取り付けて、刃物(ツール)の回転を行い対象物を削り、目的形状にする加工方法です。使用する切削機のサイズによって対象物のサイズも変わり、微細加工には高速回転の切削機が必要です。精密加工とは、高速回転の切削機を使用してより加工精度を上げて工作物を目的形状にする加工方法です。

3.21 068.jpg

こだまの精密切削加工

  1. 指先サイズ〜手のひらサイズまで
  2. 薄物部品加工:肉厚0.4mm~の切削加工品製作
  3. 幅0.07mmの極細溝加工(材料によって対応できない場合があります)
  4. ワイヤーカット加工などとの複合加工
  5. 特殊小径ピン製作(外径30μm1μm加工)

加工方法についての技術情報

NCフライス・NC旋盤 加工技術
絞り成形品の試作・少量製作を行う場合、簡易製作できない薄板材の深絞りや、二次加工としての切欠き部分に精度 が必要なモノには、切削加工で対応しています。薄板材としての製品を削り出すには、10000回転以上の高速を要するCNC旋盤機と超精密加工技術が、様々な絞 り形状品の少量品を形と成します。
NC切削微細加工技術
高速回転機及び、複合加工機を基に、産学連携で開発を行った特殊な切削ツールを使用して、超微切削加工の領域を広げています。 (画像:アクリル板への0.07mm幅溝加工事例)
試作・単品製作OK

代表的な精密切削加工事例紹介

精密切削加工による特注コレットピンの製作

精密切削加工による特注コレットピンの製作
材質
SUS304 
製作数量
製作1本から

アルミ精密切削加工

アルミ精密切削加工
材質
A5052
製作数量
各10個

万年筆胴軸の製作(切削加工)

万年筆胴軸の製作(切削加工)
材質
アルミ(AL5052)
製作数量
50本

真鍮 ピン製作

真鍮 ピン製作
材質
真鍮
製作数量
各1000個

カプラ 試作製作

カプラ 試作製作
材質
SUS303
製作数量
5個

半導体チップ押さえ部品

半導体チップ押さえ部品
材質
SUS304 φ0.5とシャフト+t1.0とφ5切削品の組み付け
製作数量
3000個(分納)

チタン製ファン用ブレード(スポット溶接技術)

チタン製ファン用ブレード(スポット溶接技術)
材質
チタン合金プレートとチタンメッシュ 
製作数量
5個

バルブカバー(産業機器部品)

バルブカバー(産業機器部品)
材質
SUS316 材厚(板厚)t0.6 寸法公差±0.05
製作数量
5個

ノズルキャップ(エアーツール部品)

ノズルキャップ(エアーツール部品)
材質
SUS304 材厚(板厚)t0.5 寸法公差±0.05
製作数量
5個