「りん青銅板の販売、1枚から」

薄板・微細・精密金属加工のこだま製作所の「事例紹介」です

りん青銅板の販売、1枚から

りん青銅板の販売、1枚から


下記表の材料を取り扱っています。お気軽にお問合せ下さい!!
定尺板とコイル材があります。ベリリュム材(定尺板のみ)も取り扱っています。
※板厚により在庫が無い場合もあります。

りん青銅板(定尺板)、ベリリュム銅板(定尺板)

りん青銅板(定尺板) りん青銅板(定尺板)  バネ用りん青銅(定尺板)
C5191P-H(PBP2-H) C5191P-1/2H(PBP2-1/2H) C5210P-H(PBS-H)
0.1×180×1200 0.1×180×1200 0.1×180×1200
0.15×180×1200 0.15×180×1200 0.15×180×1200
0.2×180×1200 0.2×180×1200 0.2×180×1200
0.25×180×1200 0.25×180×1200 0.25×180×1200
0.3×180×1200 0.3×180×1200 0.3×180×1200
0.35×180×1200 0.35×180×1200 0.35×180×1200
0.4×180×1200 0.4×180×1200 0.4×180×1200
0.5×180×1200 0.5×180×1200 0.5×180×1200
0.6×180×1200 0.6×180×1200 0.6×180×1200
0.7×180×1200 0.7×180×1200 0.7×180×1200
0.8×180×1200 0.8×180×1200 0.8×180×1200
1.0×180×1200 1.0×180×1200 1.0×180×1200
1.2×180×1200 1.2×180×1200 1.2×180×1200
1.5×180×1200 1.5×180×1200 1.5×180×1200
1.6×180×1200 1.6×180×1200 1.6×180×1200
2.0×180×1200 2.0×180×1200 2.0×180×1200
3.0×180×1200
4.0×180×1200
5.0×180×1200
6.0×180×1200



りん青銅板(定尺板) りん青銅箔(コイル材)  ベリリュム銅25合金(定尺板)
C5191P-F(PBP2-F) C5191R-H(PBR2-H) C1720P1/4H(BeCuP2-1/4H)
8×230×1200 0.03×100×L 0.1×200×1000
10×230×1200 0.05×100×L 0.15×200×1000
12×230×1200 0.06×100×L 0.2×200×1000
15×230×1200 0.07×100×L 0.25×200×1000
20×230×1200 0.08×100×L 0.3×200×1000
25×230×1200 0.35×200×1000
30×230×1200 0.4×200×1000
0.5×200×1000
0.6×200×1000
0.7×200×1000
0.8×200×1000



「こだま」が、ご提供できること

1)りん青銅板(定尺板)・コイル、ベリリューム板(定尺板)の販売1枚から
2)りん青銅板(定尺板)・コイル、ベリリューム板(定尺板)の、寸法カット
  板厚・枚数等の内容によって、切断方法の選択を行いコストパフォーマンスをご提供しています。
3)接点・端子、コネクター、リレー部品等の製作
4)熱処理(対応不可な場合もあります)
5)メッキ等の表面処理(対応不可な場合もあります)
6)接点・端子のスポット溶接、または、接点端子とリード線等のスポット溶接
7)全国対応


お問合せ方法


板厚・縦寸法・横寸法・枚数の情報をご準備いただき、
下記お問合せフォーム、または、メール(info@kodama-good.com
もしくは、FAX(06-6754-3834)で、お気軽に、ご相談ください!!

担当:技術営業 笹尾


その他、取り扱い材料詳細は、こちらから


りん青銅とは

りん青銅とは、銅を主成分ととして錫と、少量のリンが含まれています。
リン青銅には、錫の含有量が増える(7%以上)ことで、バネ特性が上が、バネ用りん青銅として普及されています。
りん青銅は、通電性に優れているため、接点・端子、コネクター、リレー部品などに、広く使用されています。

接点端子_39811.JPG
接点
IMG_11111973.jpg
コネクター
精密接点端子_821187.JPG
リレー部品

 
リン青銅部品の製作事例は、こちらから


りん青銅の特性

りん青銅は、銅合金として電気伝導率が高く、銅よりも材料強度が高く、曲げ・絞りの成形もしやすく、時効硬化もなく非磁性で、メッキなどの表面処理もしやすい材質です。
ただ、直接手で触れたり、成形後表面の酸化(材料劣化ではありません)が早いので、金属パーツなどは、
メッキ処理を行った方がいいでしょう。

electrical_contacts_82283.JPG
りん青銅板品の、表面の酸化
接点端子_82147.JPG
りん青銅板品の、金メッキ

 

銅・銅合金・銅合金バネ材


1.りん青銅・バネ用リン青銅板(C5191P・C5210P等)
市場の通電性重視の製品にはC5191がよく利用されていますが、バネ性を要する接点・端子・板バネ製等にはC5210が利用されています。
2.ベリリウム銅板(C1720P等)
リン青銅バネ材より高性能なバネ特性を必要とする場合C1720P(バネ用ベリリウム銅)がよく利用されています。用途としては、携帯電話部品を始め、ブラシ、コネクタ、接点、電気機器用薄板バネ部品などによく用いられます。
3.洋白(C7521,C7701) 
洋白(C7521)は耐食性に富みシールドケースなどに利用され、優れた強度とバネ特性(C7701)から電気機器材料として用いられています。また銀白色の美しさから装飾用等にも広く用いられています。


▼表6―1.2.3.4、銅・銅合金・銅合金板バネ標準板厚表
(メーカーの自主基準であり、流通で一般入手できない板厚もあります。)

バネ用ベリリウム銅,リン青銅、及び洋白の標準板厚
材質 C1720、C1700、C7701,C7521,C5210,C5191
板厚 mm 0.1、 0.15、 0.2、 0.25、 0.3、0.35、 0.4、 0.45、 0.5、 0.6、 0.7、 0.8、1.0、 1.2、 1.4、 1.5、 1.6、 1.8、 2.0

 

真鍮
材質 C2801
板厚 mm 0.1、0.2、0.25、0.3、0.4、0.5、0.6、0.7、0.8、1、1.2、1.4、1.5、1.6、2、2.3、2.5、2.6、3、3.2、3.5、4、5、6、8、10

 

タフピッチ銅
材質 C1100
板厚 mm 0.1、 0.15、 0.2、 0.25、 0.3、0.4、 0.45、 0.5、 0.6、 0.7、 0.8、1.0、 1.2、 1.4、 1.5、 1.6、 1.8、 2.0

 

無酸素銅
材質 C1020
板厚mm 0.3、 0.4、 0.5、 0.6、 0.8、1.0、 1.2、1.5、 1.6、2.0


▼表7 ばね用ベリリウム銅,リン青銅、及び洋白の板厚寸法公差表

板厚mm材料幅200以下
C1700,C1720
材料幅400以下
C5210,C7701
0.05以上 0.08以下 ±0.005
0.08を越え 0.15以下 ±0.008
0.15を越え 0.25以下 ±0.013
0.25を越え 0.4以下 ±0.018
0.4を越え 0.55以下 ±0.020
0.55を越え 0.7以下 ±0.025
0.7を越え 0.9以下 ±0.030
0.9を越え 1.2以下 ±0.035
1.2を越え 1.5以下 ±0.045
1.5を越え 2以下 ±0.050


▼表8、ばね用ベリリウム銅,リン青銅、及び洋白の性質

種類の記号調質記号硬度(Hv)引張強さ
(N/㎜2
伸び(%)
C5191(りん青銅2種) 1/2H 150~205 490~610 20%以上
H 180~230 590以上 8%以上
C5210(バネ用りん青銅) 1/2H 140~205 470~610 27%以上
H 185~235 590以上 20%以上
C7521(洋白2種) 1/2H 120~180 440~570 5%以上
H 150~210 540~640 3%以上
C7701(バネ用洋白) 1/2H 150~210 540~655 8%以上
H 180~240 630~735 4%以上
C1700(ベリリューム銅)
時効効果処理後
1/4H 330~410 1100以上 2%以上
H 360~430 1230以上 -
C1720(ベリリューム銅)
時効効果処理後
1/2H 345~430 1180以上 2%以上
H 380~450 1270以上 -

 

記事に関連する製作事例

バネ接点(リン青銅)試作画像
バネ接点(リン青銅)試作
0.4幅スリットの精密接点製作画像
幅0.8ピッチ1.2の精密接点製作 板厚0.6に対して幅0...
接点・端子の溶接 少量から対応画像
接点・端子の溶接 少量から対応
厚板接点・端子の少量製作画像
板厚2ミリの厚板接点端子の製作を行いました。形状カットはワ...
リード線付き接点画像
接点製作→メッキ→溶接までを一貫で対応 接点部品の製作から...
微細な筒型の電気接点製作画像
筒形状+曲げ加工の微細電気接点 Φ6ほどのカール曲げにL字...
電池端子の特注製作1個から画像
電池端子の特注製作1個から
二つ折り接点端子の少量製作画像
純銅の接点端子の製作事例です。平面部分は2重になっており、...

お問い合わせ

こだま製作所へのお問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

お問い合わせ項目

短納期の場合は必ず、ご希望納期を明記ください。

会社名【必須】
※法人のみご対応とさせて頂きます。
部署
【必須】
【必須】
電話番号
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
添付ファイル

対応形式:PDF / jpg / png / dxf(5MBまで!)
複数のファイル:Zipファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

うまく送信できない場合

うまく送信できないときには、添付ファイルなしでメッセージだけ送信ください。
こちらからメールを返信します。

「製品別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧