薄板・微細・精密金属加工の「新着情報」です。

新着情報

  • HOME >>
  • 新着情報 >>
  • ベンチャー型事業承継として、「笹尾信五」がNHKで取り上げられました。

ベンチャー型事業承継として、「笹尾信五」がNHKで取り上げられました。

2017年12月15日

中小・零細企業を中心に、会社の存続が大きな課題になる中、注目されているのが、単なる代替わりではない、
"ベンチャー型事業承継"と呼ばれる新たな後継ぎのスタイルです。
独自の事業承継に挑戦する大阪の若者を取材しました。

                            NHKWEBサイトより抜粋

近畿経済産業局も応援



IMG_4323.JPG IMG_4329.JPG IMG_4346.JPG
IMG_4340.JPG IMG_4363.JPG IMG_4368.JPG


帝国データバンクの調査によると、国内企業の66.1%が後継者不在、なかでも売上1億円以下の企業では約78%の企業において
後継者がいないという現状が確認されています。

中小企業の後継者として、対象となるのは大半が「社長の子供」。
では何故、子供に親の会社を継ぎたいという、動機が生じてこないのだろう?

身近な経営者の方々からよく聞く話から、「社長である親の姿が、楽しそうでない」ことが、
一番多いように思います。
次に、親心ゆえ子育ての段階で、世間様に通用するようにと、必要以上に厳しくしてしまった、
「しなければならない」教育ではないでしょうか?

ウチもご多分に漏れず、振り返ると反省だらけですが・・・(-_-;)


しかし、
「能動的主体性を育み、一人一人が主人公になる社会づくりを目指しなさい」
メンターから教わったことで、考え方が引っ繰り返りました。

そして、今回の"ベンチャー型事業承継"

近畿経済産業局 NEXT INNOVATION 事務局 プロジェクトリーダー
 
大阪イノベーションハブ チーフプロデューサー 山野 千枝さま、

今回の取材で、その背景が感じ取れた気がします。
貴重な機会をありがとうございました。