「接点製作 1個から」

薄板・微細・精密金属加工のこだま製作所の「事例紹介」です

接点2.jpg

「こだま」がご提供できること

  1. 材質の選択(豊富な薄板金属の在庫
  2. 製作内容に合わせた、製作方法の選択
  3. 金型レス・簡易金型製作で、1個~約2000個の製作
  4. 半順送型による少量産対応
  5. 析出系SUS・インコネル・ベリリウムなど特殊な接点板バネも対応
  6. メッキ等の表面処理(対応不可な場合もあります)
  7. 材料分析(有償)
  8. 各種溶接加工

「こだま」では、数多くの接点試作を手掛けてきた結果、
独自製作の金型における、曲げ工程の標準化と、簡易金型のノウハウを蓄積しました。
その結果、接点1製作1個からのご提供が
可能となりました。


IMG_3989.JPG

高精度接点の製作

IMG_2024.JPG接点のカシメ
IMG_1999.JPG接点のスポット溶接
※接点・端子の溶接技術は、こちらから
IMG_2013.JPG接点の抵抗ロウ付け→銀メッキ

IMG_1623.JPG接点の金メッキ IMG_3370.JPG接点の簡易金型製作

※その他、接点の製作事例は こちらから


取り扱い品目

リレー、スイッチ、電磁開閉器、ブレーカー、温度調節器、
単一電池・単二電池・単三電池・単四電池・単五電池・コイン電池各種・ボタン電池各種等の接点、及び関連部品。
各種電池端子、リード片、薄型バネ。コイルスプリングタイプの電池接点。

その他、携帯電話用端子、シールド板、シム板、板バネ、放熱板、電池接点・端子の関連部品

よくあるご質問 Q&A

Q:接点の大きさ・形状のイメージはあるけど、実際に作れるの?
A:ラフスケッチを送信ください。

Q:接点には、どんな材質が適切なの?
A:リン青銅が主流ですが、使用環境により、洋白、ベリリューム銅なども使用されています。

Q:初めて接点設計を行うけど、話をどう進めればいいの?
A:要点を、出来るだけ具体的にししていただければ、
 こちらで、ご提案させていただきます。

Q:試作品10個程度あれば・・・だけど費用によっては5個かな?
A:形状、材料、寸法公差が確認できましたら、10個、5個でお見積りいたします。
※寸法公差が厳しくなると、価格は上昇します。

その他、バネ接点に使用される材料

1.りん青銅・バネ用リン青銅板(C5191P・C5210P等)
市場の通電性重視の製品にはC5191がよく利用されていますが、バネ性を要する接点・端子・板バネ製等にはC5210が利用されています。
2.ベリリウム銅板(C1720P等)
リン青銅バネ材より高性能なバネ特性を必要とする場合C1720P(バネ用ベリリウム銅)がよく利用されています。用途としては、携帯電話部品を始め、ブラシ、コネクタ、接点、電気機器用薄板バネ部品などによく用いられます。
3.洋白(C7521,C7701) 
洋白(C7521)は耐食性に富みシールドケースなどに利用され、優れた強度とバネ特性(C7701)から電気機器材料として用いられています。また銀白色の美しさから装飾用等にも広く用いられています。

▼表6―1.2.3.4、銅・銅合金・銅合金板バネ標準板厚表
(メーカーの自主基準であり、流通で一般入手できない板厚もあります。)

バネ用ベリリウム銅,リン青銅、及び洋白の標準板厚
材質 C1720、C1700、C7701,C7521,C5210,C5191
板厚 mm 0.1、 0.15、 0.2、 0.25、 0.3、0.35、 0.4、 0.45、 0.5、 0.6、 0.7、 0.8、1.0、 1.2、 1.4、 1.5、 1.6、 1.8、 2.0

真鍮
材質 C2801
板厚 mm 0.1、0.2、0.25、0.3、0.4、0.5、0.6、0.7、0.8、1、1.2、1.4、1.5、1.6、2、2.3、2.5、2.6、3、3.2、3.5、4、5、6、8、10

タフピッチ銅
材質 C1100
板厚 mm 0.1、 0.15、 0.2、 0.25、 0.3、0.4、 0.45、 0.5、 0.6、 0.7、 0.8、1.0、 1.2、 1.4、 1.5、 1.6、 1.8、 2.0

無酸素銅
材質 C1020
板厚mm 0.3、 0.4、 0.5、 0.6、 0.8、1.0、 1.2、1.5、 1.6、2.0


▼表7 ばね用ベリリウム銅,リン青銅、及び洋白の板厚寸法公差表

板厚mm 材料幅200以下
C1700,C1720
材料幅400以下
C5210,C7701
0.05以上 0.08以下 ±0.005
0.08を越え 0.15以下 ±0.008
0.15を越え 0.25以下 ±0.013
0.25を越え 0.4以下 ±0.018
0.4を越え 0.55以下 ±0.020
0.55を越え 0.7以下 ±0.025
0.7を越え 0.9以下 ±0.030
0.9を越え 1.2以下 ±0.035
1.2を越え 1.5以下 ±0.045
1.5を越え 2以下 ±0.050


▼表8、ばね用ベリリウム銅,リン青銅、及び洋白の性質

種類の記号 調質記号 硬度(Hv) 引張強さ
(N/㎜2)
伸び(%)
C5191(りん青銅2種) 1/2H 150~205 490~610 20%以上
H 180~230 590以上 8%以上
C5210(バネ用りん青銅) 1/2H 140~205 470~610 27%以上
H 185~235 590以上 20%以上
C7521(洋白2種) 1/2H 120~180 440~570 5%以上
H 150~210 540~640 3%以上
C7701(バネ用洋白) 1/2H 150~210 540~655 8%以上
H 180~240 630~735 4%以上
C1700(ベリリューム銅)
時効効果処理後
1/4H 330~410 1100以上 2%以上
H 360~430 1230以上 -
C1720(ベリリューム銅)
時効効果処理後
1/2H 345~430 1180以上 2%以上
H 380~450 1270以上 -

記事に関連する製作事例

リン青銅接点 試作画像
リン青銅接点 試作
りん青銅接点バネt0.3 ニッケルメッキ画像
りん青銅接点バネt0.3 ニッケルメッキ
りん青銅t0.1 接点バネ試作画像
りん青銅t0.1 接点バネ試作
りん青銅t0.15 接点バネ試作画像
りん青銅t0.15 接点バネ試作
りん青銅t0.1 接点バネ試作画像
りん青銅t0.1 接点バネ試作
圧着端子 特注製作画像
圧着端子 特注製作
りん青銅t0.15 接点バネ試作画像
りん青銅t0.15 接点バネ
りん青銅t0.15 接点バネ画像
りん青銅t0.15 接点バネ

FAQ

お問い合わせ

こだま製作所へのお問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

お問い合わせ項目
会社名【必須】
※お問合せを大変多く頂いており、当面の間は法人のみの返答とさせて頂きます。
部署
【必須】
【必須】
電話番号
メールアドレス【必須】
添付ファイル

対応形式:PDF / jpg / png / dxf(5MBまで!)
複数のファイル:Zipファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

うまく送信できない場合

うまく送信できないときには、添付ファイルなしでメッセージだけ送信ください。
こちらからメールを返信します。

「製品別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧