「板バネのスポット溶接(冶具製作技術)」

薄板・微細・精密金属加工のこだま製作所の「事例紹介」です

板バネのスポット溶接(冶具製作技術)
ご依頼数量 1個から


スポット溶接とは

スポット溶接とは、溶接したい2片の被溶接材(製品部品)を上下から電極で挟み込み接触部を電極で加圧します。
加圧した電極より金属母材へ溶接電流を流すことにより、電気抵抗によるジュール熱を発生させ局部的に発熱・溶融させ接合される溶接工法です。抵抗溶接では、もっともポピュラーな工法で自動車や家電等あらゆる製品で用いられています。

スポット溶接は、電極形状を金属板、線材、メッシュ、ピン等のさまざまな被溶接材(製品部品)の形状に合わせることによって、幅広く溶接することが可能です。また、電極に冶具要素を加えることで、ピンの搗き立て溶接など、そのバリエーションをさらに広げることが可能です。

スポット溶接の原理2.png



スポット溶接の冶具製作技術



スポット溶接は、四大条件(加圧・電流・電圧・電極形状)における溶接条件が重要要素となりますが、溶接条件が得られた次に必要となるのが、部品の位置決めを行う冶具になります。「こだま」では、溶接部門におけるさまざまな製品の接合を行ってきたことと同時に、それぞれの部品の位置決めを行うための、冶具や、冶具に電極機能を持たせた冶具電極の製作ノウハウを構築してきました。事例は、携帯電話製作に携わり、特有の生産方式(垂直立ち上げ生産方式=短期生産方式)に対応した、アナログ方式(限定生産における自動化が出来ない)に使用した冶具電極をご紹介します。




板バネ製作技術



「こだま」では、数々の板バネの試作品製作に携わってきたことから、材料から必要形状(板バネ展開形状)を切り出すための工法、曲げ加工を行うための工程ごとの金型の追及を行ってきました。その結果、板バネの必要数に合わせた形状カット方法の選択と、独自製作を行った曲げ加工における、工程ごとの標準化(金型レス)や、追加工に必要な工程に対しての簡易金型の製作方法を確立していますので、板バネ製作1個からの対応が可能です。その製作範囲は、一般的な板バネから、微細加工、高精度(部分的寸法公差±0.01)、複雑形状にも対応可能です。



「こだま」がご提供できること


1.板バネの構想段階からの、ご相談
2.t0.005~の形状カット
3.材質の選択(豊富な薄板金属の在庫
4.製作内容に合わせた、製作方法の選択
・形状カットのコストパフォーマンス
曲げ加工のコストパフォーマンス
5.金型レス・簡易金型製作で、1個~約2000個の製作
6.材料分析
7.全国対応


お見積り、ご相談はお気軽にお問合せ下さい!!

記事に関連する製作事例

銅スポット溶接加工画像
接点、端子、電極などで、一体成形で出来ない構造の板金部品...
チタンスポット溶接加工画像
チタンスポット溶接加工
マイクロスポット溶接加工画像
精密板金製品製作において一体成型では不可能になる構造にお...
携帯電話部品画像
薄板金属加工...
ステンレス製電極(エッチング加工、プロジェクション溶接)画像
ステンレス製電極(エッチング加工、プロジェクション溶接)

お問い合わせ

こだま製作所へのお問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

お問い合わせ項目

短納期の場合は必ず、ご希望納期を明記ください。

会社名【必須】
※法人のみご対応とさせて頂きます。
※法人以外の方からお問い合わせ頂いてもご返答は致しませんので、予めご了承ください。
部署
【必須】
【必須】
電話番号
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
添付ファイル

対応形式:PDF / jpg / png / dxf(5MBまで!)
複数のファイル:Zipファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

うまく送信できない場合

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
※件名は【お問い合わせ】の後に入力ください。

「製品別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧