「焼き入れリボン鋼の精密形状カット」

薄板・微細・精密金属加工のこだま製作所の「事例紹介」です

焼き入れリボン鋼の精密形状カット
材質 リボン鋼 t1.0
ご依頼数量 50個

金型による製作と同等の加工結果を少量で


少量となるとレーザーカットでの加工が多いですが、CO2のレーザーカットで行うと熱影響によりカット部周辺の高度が変わってしまいます。
こだま製作所では、熱影響も考慮した加工でカットするため、プレス加工に近い加工結果が得られます。
今回は焼き入れ材を使いましたが、焼き鈍し材の場合は加工後に熱処理を行うため、加工時の熱影響が熱処理を左右してしまいます。
熱処理を考慮した加工選択も炭素鋼の場合は必要となりますので、注意が必要です。

記事に関連する製作事例

押さえ板バネ(SUS301 CSP t0.2)画像
バネ用ステンレス鋼のSUS301の小型押さえ板バネを製作し...
SUS301 CSP t0.2 板バネ(部品押さえ用)画像
SUS301の薄板バネの製作事例です。
板厚0.8 バネ鋼 板バネ画像
炭素鋼の板バネ製作事例です。
析出硬化系ステンレス 板バネ(SUS631 t0.3)画像
SUS631 t0.3の板バネを製作しました。写真は熱処理...
多孔子形状の板バネ(SUS631 CSP t0.2)画像
SUS631の析出硬化系ステンレスの板バネの製作事例です。...
板バネ(SUS304 CSP t0.5)テンパー処理品画像
板バネの特注製作からテンパー処理(低温焼きなまし)までを一...
ステンレス板バネ 製作事例集画像
ステンレス板バネについて
板バネのスポット溶接画像
板バネと他部品との溶接技術

お問い合わせ

こだま製作所へのお問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

お問い合わせ項目

短納期の場合は必ず、ご希望納期を明記ください。

会社名【必須】
※法人のみご対応とさせて頂きます。
部署
【必須】
【必須】
電話番号
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
添付ファイル

対応形式:PDF / jpg / png / dxf(5MBまで!)
複数のファイル:Zipファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

うまく送信できない場合

うまく送信できないときには、info@kodama-tec.comへお願いします。
※件名は【お問い合わせ】の後に入力ください。

「製品別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧