「アルミ精密板金」

薄板・微細・精密金属加工のこだま製作所の「事例紹介」です

アルミ精密板金
材質 アルミ
ご依頼数量 1個から

金型レスで、小部品の精密板金加工(試作・少量製作対応)


独自の金型の標準化によって、製作時の金型費用が必要なくアルミの精密板金加工が可能です。
単価は量産品に比べて上がりますが、トータルコストは最大で1/10ほどに!
※量産加工は、本作金型にてプレス対応

「こだま」では、アルミ薄板(t0.1~)の精密板金加工を主流にしていますが、
アルミの薄板板金加工の要素としては、材料そのものが柔らかく、薄くなるほど形状カットを始め、
曲げ加工においても難易度が増しますが、「こだま」では製作内容に合わせて、最適な製作方法の選択を
行っています。

形状カットの種類は、こちらから
曲げ加工の種類は、こちらから


オーダー製作を専門に行っておりますので、
ご希望の形状を手書きでも結構です、併せてお問い合わせください。
お問い合わせフォームは下にもあります。

IMG_3675.JPG

IMG_2864.JPG

アルミバッテリーケースの曲げ加工

IMG_2866.JPG

超高精度曲げ加工




IMG_22177.JPG
アルミt0.2 精密板金部品
IMG_211275.JPG
アルミt0.2 精密板金部品

IMG_21377.JPG
アルミt0.2 精密板金部品
IMG_23181.JPG
アルミt0.2 精密板金部品




簡易金型加工

IMG_4501-thumb-600xauto-6452.jpg

段曲げ加工

IMG_4498-thumb-600xauto-6454.jpg

エンボス加工

IMG_4499-thumb-600xauto-6456.jpg

バーリング


さまざまなアルミの小部品製作に対応してきた結果、追加工における簡易金型技術を、
蓄積してきました。
「こだま」では、精密板金に使用する金型は、すべて社内製作で対応しているがゆえに、
高品質・短納期のご提供が可能です。


<アルミ小部品の精密板金加工の、使用用途>

主にシールド部品が多いですが、カメラ鏡胴やアルミ材の特質としての、非磁性を生かした部品に使用されています。



アルミの、精密切削加工

DPP_0038.JPG

AV機器部品のアルミ切削加工

IMG_9007.JPG

省力化機械部品のアルミ切削加工


精密板金加工において、特に試作の場合、簡易金型等でも製作費用的に抑えれれない場合等、
精密切削加工で、対応しています



アルミの、溶接加工

アルミの溶接は、主にスポット溶接(抵抗溶接)、ティグ溶接レーザー溶接、アルミはんだ等を用いられます。
「こだま」では、平成17年度 大阪テクノマスター溶接部門として、笹尾恭三が認定されています。


1)スポット溶接

IMG_5504.JPG

AV機器部品のアルミスポット溶接

IMG_3122.JPG

空調機部品のアルミスポット溶接


スポット溶接とは、溶接したい2片の金属母材を上下から電極で挟み込み接触部を電極で加圧します。
加圧した電極より金属母材へ大電流を流すことにより電気抵抗によるジュール熱を発生させ
局部的に発熱・溶融させ接合される溶接工法です。


2)ティグ溶接

P1020335.JPG

船舶部品のアルミティグ溶接

IMG_2985.jpg

潜水艦換気扇部品のアルミティグ溶接


ティグ溶接とは、タングステン・イナート・ガス溶接の略(TIG溶接)で、
電極にタングステンを使用し、シールドガスにアルゴン(Ar)ガスやヘリウムガスなどの不活性ガスを使用します。
シールドガスはトーチノズル内を通り電極と溶接箇所を充たし不活性雰囲気を作り、タングステン電極と
母材との間にアークが通りやすい状況を作ります。そして融点の高いタングステン電極と母材間にアークを
発生させその熱により溶接します。
アークは部品の一点に集中させることが出来るため高品質な溶接加工が得られ、あらゆる金属の溶接に
適用できるのが特徴で、特に精密な溶接や、アルミ、銅などの非鉄金属の溶接に適しています。


3)レーザー溶接

IMG_5597.JPG

アルミt1.2のレーザー溶接

IMG_2033.JPG

バッテリーケースのレーザー溶接


レーザー溶接とは、光源をレーザー素子にあて、誘導放出現象を起こし強力なレーザー光化を行い、
集光して金属に照射し、金属を局部的に溶かし固めて接合する方法です。 レーザー溶接はアーク溶接に比べ、
溶接時に生じる熱影響が少なく、スポット径を小さく、ビード幅も狭く、そして深く溶接することが可能です。



アルマイト加工



IMG_1099.JPG

AV機器のアルマイト加工


アルミの表面は、非常に薄い被覆で覆われていますので、外気に触れ続けると、
化学反応で腐食してしまいます。そのため表面を保護するための処理として、アルマイトが有効となります。
アルマイトは通常透明が使用されていますが、着色も可能で、上記サンプルは金色を選択しています。

アルマイト処理を行うと、母材に通電性がなくなるため、シールドケースには適用外です。



アルミ(アルミニュウム)とは


純アルミニウムの引張強さは、他の金属に比べて低い等の要素があるため、マグネシウム、マンガン、
銅、けい素、亜鉛などを添加して合金化を行い、用途に合わせて使用されています。
純アルミニウムの比重は2.7。鉄(7.8)、チタン(4.5)の約1/3です。

特徴としては、非磁性で、導電性・熱伝導性・反射性が高いです。

記事に関連する製作事例

アルミ精密板金、1個からの製作対応画像
アルミ精密板金、1個からの製作対応
t0.5ミリ 純アルミの精密板金加工画像
t0.5の純アルミを用いた精密板金加工品の製作を行いました...
アルミの薄板加工(A1050 t0.5)画像
純アルミの小型板金部品を製作した事例です。既存の金型を使用...
アルミの精密板金加工画像
アルミの精密板金加工
アルミ シールドケース(ノートPC用)画像
アルミ シールドケース
アルミ材 切削加工による絞り形状品製作画像
試作絞り成形品を、切削加工で対応

お問い合わせ

こだま製作所へのお問い合わせは、下記フォームからどうぞ!
担当者がご回答致します。

お問い合わせ項目

短納期の場合は必ず、ご希望納期を明記ください。

会社名【必須】
※法人のみご対応とさせて頂きます。
部署
【必須】
【必須】
電話番号
メールアドレス【必須】
確認用メールアドレス【必須】
添付ファイル

対応形式:PDF / jpg / png / dxf(5MBまで!)
複数のファイル:Zipファイルで1つにまとめて添付ください。

お問い合せ内容【必須】

うまく送信できない場合

うまく送信できないときには、添付ファイルなしでメッセージだけ送信ください。
こちらからメールを返信します。

「製品別」カテゴリの事例一覧

「素材別」カテゴリの事例一覧

「製作技術別」カテゴリの事例一覧